つれづれ雑記帳

たいがい後ろ向きです。でも、新しいこともちょっとは好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
高島芳幸展 
今日は、9月から開催されていた「高島芳幸展 生成する場―存在から関係へ」
を見るため、北鎌倉へ行ってきました。
高島先生は、私の高校時代の恩師なのです。

高島芳幸先生
(大谷石資料館での展示の風景。今回の展示も同様の方法で構成されていました。)

会場は、木々に囲まれた高台にありました。
1階の主室は三方向が大きなガラス面で構成されていて、
たっぷりの自然光が取り込まれています。

そこに生成される、不思議な空間。

天からまっすぐに伸びる、白い糸。
糸は、ちいさな石によって地に留められ、再び天へと還ります。
緊張感を持って結ばれ、関係付けられた二つの位相。
かろうじてつなぎとめられているようでもあり、互いを呼び合っているようでもあり。
迷いのない、けれどとても明るくて、心地よい空間がありました。
-POLARIS ポラリス☆ジ・アートスペース-

本日展示最終日ということで、会場で先生とお会いできました。
以前のように、穏やかで、いたずらっぽい様子は健在でした。
先生は、呼吸をするように自然に、ご自身でアートだなあと思うのです。
素敵だ。

* * *
ポラリスでの展示は終了しましたが、
高島先生は10月19日までグリーンホール相模大野にて開催の
2006CAT展 CONTEMPORARY ART TRIAL にも出展中です。
(私の母の野見山由美子も参加しています。)
現代美術作家による大型作品、インスタレーションが中心となっています。
機会がありましたら是非。
* * *
スポンサーサイト
野見山由美子展
今日は、あす12日から開催の母の個展の設営を手伝うために、銀座へ。
長く垂らした綿のキャンバスを、壁面にタッカーでガシガシとめ付けて行きます。
元イベント会社勤務の設営魂燃やして頑張りました。

由美子展
野見山由美子展
会期:2006年6月12日(月)~6月18日(日)
会場:Oギャラリー 2F
時間:12:00~20:00 (最終日/11:00~16:00)
地下鉄銀座線・日比谷線 銀座駅A3出口から徒歩5分
MAP
地図

生の綿キャンバスに、薄く溶いたアクリル絵の具を流し、にじませ、何層にも重ねて彩色しています。そうしてできた長大な色彩の帯でギャラリーの空間を包み込みました。
会場は、壁から足元まで全て「青の空間」です。
彼女がテーマとする水、海、宇宙、流れ、ゆらいで変化していくもの。
そういったものに、とっぷりと浸かってみてもいいかな、と思う方、ご来場いただければ幸いです。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。