つれづれ雑記帳

たいがい後ろ向きです。でも、新しいこともちょっとは好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ドゥシャン・カーライ
ある方に、見せていただいた画集がありました。
「KALLAY - Magical World」
ずっしりと分厚いそれを受け取り、ページを繰るうちに、心臓がドキドキして、何かこみ上げてくるのです。
周囲が遠のいていくような、空間が閉じていくような、奇妙な興奮で体が熱くなりました。


ALICE in Wonderland  Author/Lewis Carroll  Illustrator/Dusan Kallay アリス表紙400
カーライ氏の描いた「不思議の国のアリス」の英語版です。思い切って購入。
後半は「鏡の国のアリス」が併録されています。
数多くの画家が描いた「アリス」、その中でも最も衝撃的な、作品のひとつだと思います。

アリス見返し
扉を開いた見返し部分。動物たちがトランプになっています。

アリスパラパラ
ページの右下。パラパラ漫画のちっちゃな白兎がコロコロ転がります(笑
こんな感じに遊びも満載。すごい。


ドゥシャン・カーライ氏の絵には、魔力が、魔法があると思います。
丹念に色彩を重ねたキャラクターたちは、血が通って、本当に生きているようで。
精緻に描かれた動物は、とてもリアルなのに、ユーモラス。同時に、なんだか恐ろしい。
彼らは、息をひそめてこちらをうかがっているのでは??
そんな、張り詰めた沈黙が満ちているよう。
どうしようもなくひきつけられる魔法の気配が、確かにあるのです。


つい先日まで、名古屋で大規模な作品展があったとのこと。
スロヴァキアで活動されるカーライ氏としては、これはとても稀なこと。
せっかくのチャンスだったのに・・・でも名古屋・・・知ってても見られなかったんだろうけど・・・うーん。残念。

会場にご本人はいらしてたのかな。
いつか、本物の作品を見たい、ご本人にお会いしたい、となんだか恋するような気持ちで思うのでした。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。