つれづれ雑記帳

たいがい後ろ向きです。でも、新しいこともちょっとは好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ミストマントル・クロニクル2 アーチンとハートの石
ミストマントル・クロニクル 2 アーチンとハートの石 ミストマントル・クロニクル 2 アーチンとハートの石
マージ・マカリスター (2007/05/22)
小学館

この商品の詳細を見る
<気持ちのよい、夏の終わり。
 ミストマントル島は、新しい王の戴冠式を控えて、お祭り気分に沸きかえっています。
 王のお相手役となった白リスのアーチンも、雑用に忙しく走り回る日々。
 そんなとき、嵐をくぐり抜け、一隻の船が浜辺にたどり着きます。
 ホワイトウィングス島からやってきたという使者は、アーチンに告げます。
 我々の島に伝わる予言にある。「蒼白きリス」は救世主だと。
 どうか一緒に来て、窮地にある自分たちの島を救ってほしい、と。
 ・・・徐々に明らかになるアーチンの生い立ち、
 失われた秘密の石「ハートストーン」をめぐる探索。
 アーチンと仲間たちは、再び陰謀の渦に巻き込まれて行きます。>

ミストマントル・クロニクル 流れ星のアーチンに続いて発刊になりました、
三部作の2巻です。前作で馴染みのあるキャラクターたちはもちろん、
新しい登場人物もいきいきと走り回ります。今作も、わくわくしながら読みました。
出てくると嬉しくなってしまうのがカワウソのフィンガル。
あっけらかんとしてお調子者だけれど、決めるところではしっかりキメる。
もうひとり、控えめで思いやり深いながら、なかなか鋭い観察眼を持ったリスの歌姫、
セピアも気になるキャラクターです。

装画は前作同様ドゥシャン・カーライ氏。
霧の中(!)を進む船の姿が高揚感に満ちて素敵です。
動物てんこ盛り過積載な船です。

アーチン2
1巻に続き、本文挿画を描きました。
どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。