つれづれ雑記帳

たいがい後ろ向きです。でも、新しいこともちょっとは好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ミストマントル・クロニクル 流れ星のアーチン
ミストマントル・クロニクル 流れ星のアーチン ミストマントル・クロニクル 流れ星のアーチン
マージ・マカリスター 作/高橋啓 訳(2006/10/24)
小学館

この商品の詳細を見る

<霧にかくされた島、ミストマントル。
そこでは、リスとカワウソ、ハリネズミ、モグラが共存し、平和にくらしています。
みなしごのアーチンは、流れ星の夜に生まれた白いリス。
アーチンは、思いがけなく見習い従士として司令官に仕えることになりますが、
初めて城に上がるその日、暗殺事件が!
ミストマントル島に陰謀が渦巻き、隠されていた歴史が暴かれていきます。
サスペンスと冒険に満ちた、動物ファンタジー。>

てらいのない、ファンタジーです。
主人公の白リス、アーチンがまっすぐで、がんばってます。
勇敢であろう、賢明であろうとする姿がとても気持ちいいです。
アーチンについて応援したりはらはらしているうちに物語は次々と展開し、
終局へなだれ込んでいきます。

装画(カバー・イラストレーション)は、スロヴァキアの画家、ドゥシャン・カーライ氏。
そして、本文挿画は野見山響子。
私の、イラストレーターとしての初めての仕事です。
プロローグと、27章まである各章冒頭のカットを作らせていただきました。

児童書が好きで、児童書の挿絵が好きで。
それでイラストレーターになろうと決めました。
その始めに参加できた仕事がこの本だったことを幸せだと思います。
とても素敵な「本」。
ひとりの児童書好きとして、大丈夫。これは宝物のにおいがします。


発売は、2006年10月24日。明日です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

(第1章 アーチンのカット p.16)
アーチン
Comment
≪この記事へのコメント≫
本、見つけました!
すごい可愛い挿絵でした。モグラさんがお気に入りです。
平積みされてた児童書の中でも一番素敵な装丁でした!あのビックリマンのシールみたいなギラギラした加工がしてある某ファンタジーより、全然…!(苦笑)
2006/11/20(月) 01:41:43 | URL | まつざわ #-[ 編集]
>まつざわさん
うわ!ありがとうございます!
遅くなっちゃってすみません。
ほんと、装丁カッコいいなあって惚れ惚れします。
(自分の仕事じゃないので手放し)

2巻以降もきっと素敵になるので。
私ももっとがんばりますので。また見てください。
2006/11/23(木) 02:18:03 | URL | のみやま #2WdbYHDY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。