つれづれ雑記帳

たいがい後ろ向きです。でも、新しいこともちょっとは好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ひつじ探偵団
ひつじ探偵団 ひつじ探偵団
レオニー・スヴァン (2007/01)
早川書房

この商品の詳細を見る

<「わたしたちの羊飼いが殺された!」 
 ある朝羊たちは、羊飼いのジョージが牧草地に横たわり死んでいるのを見つけます。
 その胸に突き通るのは一本の鋤。そして奇妙な「足跡」が・・・
 わたしたちの羊飼いはわたしたちのもの。自分たちの正義を行わなければ!
 羊たちはみずから犯人探しを始めます。
 冷静で分析力に優れた雌羊メイプル、なぞめいた過去を持つ黒羊のオテロ、
 記憶力に優れたくいしんぼう羊のモップル。さまざまに個性を持つ羊たち、
 そして時折現れる謎の「オオカミの影」。そして村人たちの秘密とは?
 
 人間のことばはわからないことだらけ、おなかが空いたら捜査はそっちのけ。
 よりみちだらけの、ひつじたちの奇妙な探偵物語です。>

意外にも(??)おおまじめに探偵小説なのです。
出てくる人間どうやらみーんな後ろ暗いところがあるらしい。
そして羊の中にもこの殺人に関与したものがいるらしい。
例によって全員容疑者。なのです。
でもしまいにはちょっとほろりとしたりも。(肉・・・)
ひつじたちが、とりどりで楽しいです。黒いの白いの太ってるの、
雁首並べてお宅拝見(覗き)。ユーモラス。羊好きにはたまらない。

今回、この本の装画の羊を描かせていただきました。
羊好きを自認する私にはとても嬉しいときめきのお仕事。
楽しかったです。

2007年1月24日に発売になりました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

* * * * * * * * *
ええと、羊好きにたまらない本を一冊。
sheep island sheep island
平林 美紀 (2006/11)
新風舎

この商品の詳細を見る
こぶりの羊の写真集です。もっくりしたお尻が、何考えてるのかわからない表情が素敵。
子羊は最高にキュート。羊って(こんなに)跳ぶんだ!と思わず驚く連続写真あり。

ニュージーランド、行きたいなあ。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。